KBS WORLD

映画『ワンダーランド』、初の週末を迎えボックスオフィスの1位を獲得

2024年06月11日

キム・テヨン監督の新作『ワンダーランド(原題:원더랜드)』が、公開後初の週末を迎え、20万人を超える観客を動員し、ボックスオフィスの首位となった。
映画館入場券・統合ネットワークによると、先週末の3日間(6/7~9)、『ワンダーランド』は23万7千人あまり(売上額シェア率25.4%)を動員し、1位を占めた。5日に公開したこの映画の累積観客数は、約46万8千人となった。
ジョージ・ミラー監督の『マッドマックス:フュリオサ』は、先週末18万7千人あまり(21.6%)の観客を集め、2位に押し出された。
シン・ヘソンとピョン・ヨハン主演の『彼女が死んだ(原題:그녀가 죽었다)』(約9万3千人、10.0%)と『犯罪都市4(原題:범죄도시 4)』(約7万1千人、7.9%)がその後に続き、6日に公開されたハリウッドのアクションブロックバスター『バッドボーイズ RIDE OR DIE』(約7万1千人、8.0%)は5位となった。
12日に公開される『インサイド・ヘッド2』は、10日午前基準で前売り率53.1%となり圧倒的な1位を誇った。同日公開予定のパク・ドンヒ監督のスリラー『ドライブ(原題:드라이브)』(9.1%)と『ワンダーランド』(6.9%)がその後に続いている。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事