KBS WORLD

Apinkチョン・ウンジ、ミュージカル「グレートコメット」の初演を終え「心の余裕を届けられて幸せ」と心境語る

2021年03月23日

ガールズグループApinkのチョン・ウンジがミュージカル「グレートコメット(原題:그레이트 코멧)」の初演を成功裏に終えた。
今月21日にソウル・ユニバーサルアートセンターで開幕したミュージカル「グレートコメット」の主演キャスト“ナターシャ”として舞台に上がったチョン・ウンジが、所属事務所のPlay Mエンターテイメントを通じて初演の感想を明らかにした。
チョン・ウンジは「6年ぶりにミュージカル作品でごあいさつすることになった。新型コロナウイルスにより多くの方々が大変な思いをされている時、このように公演で少しでも“心の余裕”をお届けでき、嬉しく幸せ」だとし、「コロナにより1年も延期された作品なので、とてもドキドキして緊張しているが、私もアンサンブルキャストの皆さんも、嬉しい気持ちで観客の皆さんを待っている。感謝申し上げる」と述べた。
「グレートコメット」は、現在アメリカの公演界で最も注目されている作曲家兼劇作家のデイブ・マロイが、トルストイの傑作小説「戦争と平和」の一部ストーリーを基に、演出家のレイチェル・チャブキンと手を組んで作ったサングスルー(sung-through)ミュージカル。 昨年9月に開幕予定だったが、コロナの影響で延期されていた。
チョン・ウンジは劇中、戦争に出征した婚約者を恋しく思う純粋で愛らしい20歳の女性“ナターシャ”役を務め、胸を熱くするような演技を披露した。
チョン・ウンジは2012年に「キューティ・ブロンド」のエル・ウッズ役、2014年に「フルハウス」のハン・ジウン役など作品を通じて安定した演技と歌の実力を見せ、ミュージカル俳優として注目された。
そのぶん、これからの活躍にさらなる期待がかかる。
チョン・ウンジが所属するガールズグループApinkは今年で10周年を迎える。
4月19日にはデビュー日を記念したファンソングをリリースする予定で、2021年も様々なイベントを行うと予告した。
一方、ミュージカル「グレートコメット」は今年5月30日までソウル・ユニバーサルアートセンターで公演されている。

エンタメ情報一覧へ 次の記事