KBS WORLD

BTS、グラミー賞やビルボードなど世界的な成功に寄り添った海外ARMYたち“音楽は言葉を超越する”

2021年01月22日

ボーイズグループBTS(防弾少年団)の楽曲「Life Goes On」の米ビルボードのメインシングルチャート「The Hot 100 Chart」での1位獲得は、韓国語での歌詞で歌唱した点で音楽シーンでその意味深さを立証した。
彼らは同チャートで1位のニュースを聞くや否や、ARMY(グループのファンクラブ名)に功を譲った。そのARMYたちが感謝するのが海外ファンの存在だ。
次々と記録を更新しているBTSは過去に「生放送 KBSニュース9」に特別出演。
そこでメンバーのVは、「僕たちがうれしいこと、祝福されること、そのすべてをARMYと分かち合っている」と愛情を示していた。
海外のARMYのことを“ウェランドゥンイ(海外ARMY+愛らしい子)”と呼び、ビルボードなどのチャートインに貢献したことを互いに称賛し合うファン文化が生まれている。
そのおかげで英語楽曲「Dynamite」に続き、「Life Goes On」もシングルチャート「The Hot 100 Chart 」の1位を獲得し、ビルボードを掌握することに成功。特に韓国語でビルボードの1位を記録したのはBTSが初めてだったことからさらに意味深い結果となった。
その1位の知らせを聞いたメンバーたちはSNSに感謝の意を表し、JIMINは「愛してくださるARMYの皆さんに心から感謝する」としながら、「#僕たちのARMYが賞をもらったね」とハッシュタグを付け加えるなど、ファンたちにその功績を譲った。
ARMYたちも共通のハッシュタグ「#MusicTranscendsLanguage(音楽は言葉を超越する)」で喜びを分かち合う現象が起こった。
2019年に行われた授賞式「2019 Variety Hitmakers Brunch」でリーダーのRMは、「音楽は言語や国籍などさまざまな障壁を超えられる真の力がある」とスピーチを残した。RMが絶えず語り続けてきた“音楽の力”は意味深い。
言葉の壁を乗り越えるというBTSの努力と、母国語ではないが彼らの態度を支持する世界中のARMYたちのサポートで、アメリカの音楽市場初めてシングル「Life Goes On」とアルバム『BE(Deluxe Edition)』の同時1位を達成。
「The Hot 100 Chart 」チャートでも2曲が1位を獲得、さらにはアジアのアーティストで初めてグラミー賞にもノミネートされる快挙を手に入れることになった。BTSとARMYが一緒なら砂漠を海にさせることができる、そんな現象が続いている。
2017年にアメリカのファッション誌とのインタビューで「アメリカの音楽シーンでどんなインパクトを残したい?」という質問をされた際に、SUGAは「僕は韓国語の歌詞でビルボードの『The Hot 100 Chart 』にチャートインしたい」と答えていた。
さらに先の「生放送 KBSニュース9」で彼は、「個人的にはグラミー賞にノミネートされ、受賞まで手に入れたい」と力説していた。彼らが候補にラインナップされた「第63回グラミー賞」の授賞式は、3月14日(現地時間)に開催される予定である。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事