KBS WORLD

新人歌手キョンソのデビュー曲、gaon chartでも1位に

2021年01月21日

新人歌手KyoungSeo(キョンソ)のデビュー曲、「Shiny Star(2020)(原題:밤하늘의 별을)」が地上波の音楽番組での1位に続き、gaon chartでもトップに踊り出た。
gaon chartを運営する韓国音楽コンテンツ協会は21日、「1月3週目(10〜16日集計)のデジタルチャートで“Shiny Star(2020)”が1位を獲得した」と発表した。
「Shiny Star(2020)」は、発売10週目にしてgaon chartのトップに君臨した。
昨年11月に発売された同曲は、着実にランクアップし続け、今月1、2週目のデジタルチャートでは2位にランクインした。
韓国最大の音楽サイト「Melon」のデイリーチャートでも、長期間2位をキープしている。
この曲は、今月10日に音楽番組で1位を獲得し、話題となった。無名の新人歌手が、デビュー曲で地上波音楽番組の1位を獲得するのは異例だからだ。
同曲は、2010年にヤン・ジョンスン(Kiroy Y)がリリースし、韓国SNSの元祖「Cyworld」のBGMとして人気を博した「夜空の星を…」をカバーした楽曲。「Cyworld感性プロジェクト」の一環として、当時の音楽と現代の音楽を調和させリメイクされた。
ノスタルジーを感じると話題になった事に加え、Cyworld世代をターゲットに積極的なSNSマーケティングをした事が、「異例」の記録に繋がったのではとの分析もある。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事