KBS WORLD

BLACKPINK、「Ice Cream」がビルボード「HOT100」で49位に…2週連続チャートイン

2020年09月16日

ガールズグループBLACKPINKとセレーナ・ゴメスがコラボした「Ice Cream」が、アメリカ・ビルボードのメインシングルチャート「HOT100」で49位を記録し、2週連続チャートをキープした。
ビルボードが15日(現地時間)に公開した最新「HOT100」チャートによると、先週13位でこのチャートに初登場した「Ice Cream」は今週49位にランクインした。
「Ice Cream」の先週13位は、K-POPガールズグループの「HOT100」チャート最高記録だ。
「Ice Cream」はBLACKPINKの1stアルバムから2番目に先行公開された曲で、先月28日にリリースされた。明るくさわやかなサウンドのダンスポップジャンルのナンバーで、ポップスターのセレーナ・ゴメスがフィーチャリングに参加した。
「Ice Cream」はビルボードが全世界の人気楽曲のランキングを集計するために新設した「ビルボードグローバル200」や、「ビルボードグローバル(アメリカ除外)」のチャートでもトップ10入りし頭角を現した。
「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(アメリカ除外)」チャートは、世界約200の地域で収集したストリーミングと販売数値を基にランキングを集計する。
「Ice Cream」はアメリカを含む「ビルボードグローバル200」では8位、アメリカを除外して集計する「ビルボードグローバル」では6位を獲得した。
また今年6月にリリースした1stアルバムの最初の先行公開曲「How You Like That」が「ビルボードグローバル200」では33位、「ビルボードグローバル(アメリカ除外)」では20位に上り、2曲が上位圏に同時チャートインした。
BLACKPINKは来月デビュー4年目にして初めてのフルアルバム『THE ALBUM』をリリースする予定だ。
メンバーのROSÉ(ロゼ)は最近アメリカのラジオ番組「Zach Sang Show」のインタビューで、「今回の新曲『Ice Cream』がサプライズプレゼントだったように、1stアルバムも“サプライズ”で満載になるだろう」と予告した。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事