KBS WORLD

BTS、「Dynamite」がビルボード最新シングルチャートで2位…熾烈な世界で3週連続トップ圏をキープ

2020年09月15日

ボーイズグループBTS(防弾少年団)の「Dynamite」が、アメリカ・ビルボードのメインシングルチャートでリリース3週目2位を記録し、善戦を続けている。
ビルボードは14日(以下、現地時間)、BTSの「Dynamite」がメインシングルチャート「HOT100」でリリース3週目となる今週に2位を獲得したと発表。
「Dynamite」はBTSが先月21日に公開したデジタルシングルで、発売初週の「HOT100」で1位で初登場した後、2週目もトップをキープしていた。
韓国アーティストが「HOT100」チャートで1位に上るのは史上初めてのこと。
初チャートイン後に2週連続トップをキープした楽曲も、ビルボード全体の歴史で20曲に過ぎないほど珍しい。
これに続きリリース3週目にも順位がほとんど下落せず2位を記録したのは、「Dynamite」がアメリカ国内で持続的に人気を博しているという証拠だと解釈される。
「HOT100」は毎週アメリカで最も人気のある楽曲のランキングを集計するチャートで、ストリーミング配信実績や音源販売量、ラジオオンエア回数などを総合して順位を出す。
アルバム消費量を測定する「ビルボード200」とともにビルボードの2大メインチャートに挙げられるが、シングルチャートの「HOT100」は大衆的人気とさらに密接であり、競争が熾烈だ。
ビルボードによると、「Dynamite」のリリース3週目(9月4日~10日)のアメリカ国内でのストリーミング配信は、前週より24%減少した1330万回を記録。
ダウンロード(音源販売)も前週より25%減少したが、13万6000件という高い数値を見せた。
リリース後3週連続で13万6000件以上のダウンロードを記録した楽曲は、2016年のThe Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)とHalsey(ホールジー)による「Closer」以来初めてだと発表。
高いダウンロード量に支えられたBTSは「デジタルソングセールス」チャートで3週連続1位を獲得した。
アメリカの一般大衆に楽曲が露出される“窓口”のラジオで引き続き人気が上昇しているのも、順位をキープするのに肯定的に作用している。
「Dynamite」は前週より14%増加した1830万人のラジオリスナーに露出されたと集計。
すべてのジャンルのラジオオンエア回数で集計するラジオチャート「ラジオソングス」に、BTSの楽曲としては初めて49位でランクインしたともビルボードは付け加えた。
今週の「HOT100」の1位は、Cardi B(カーディ・B)と Megan Thee Stallion (ミーガン・ジースタリオン)による「WAP」が獲得。
同日のトップ10の楽曲が先に発表され、全体の順位は15日に公開される。
「Dynamite」がアメリカで持続的に見せているヒットはBTSが以前「HOT100」での記録と比較しても注目に値する。
彼らが今年2月にリリースした4thアルバム『MAP OF THE SOUL:7』のタイトル曲「ON」は、リリース初週の「HOT100」に4位でランクイン。2週目に68位を記録した後、チャートアウトした。
チャートでどれだけ長くポジションをキープするのかは、人気のもう一つの指標だともいえる。現地の大衆にどれほど安定的に定着するのかを示しているからだ。
一方、「Dynamite」はビルボードがアメリカのみならず、全世界を包括する人気楽曲のランキングを集計するために、今週から新設した「ビルボードグローバル200」チャートでも2位を記録。
BTSは日本時間の今月17日にアメリカNBCの公開オーデション番組「America's Got Talent」、19日に音楽フェスティバル「iHeartRadio Music Festival」にそれぞれ出演し、「Dynamite」のパフォーマンスを披露する予定だ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事