KBS WORLD

ONEUS、4thミニアルバム『LIVED』をリリース…収録曲「Dizzy」はソホやレイブンらが制作

2020年08月07日

ボーイズグループONEUSが、自ら運命を開拓するという意思を込めたニューミニアルバムを引っさげカムバックする。
所属事務所のRBWは7日、今月19日にONEUSの4thミニアルバム『LIVED』がリリースされると明らかにした。
今回の新譜は彼らが音楽競演番組でリリースした楽曲「COME BACK HOME」の延長線にあるアルバムだ。
バンパイアになった彼らが生死の境に立ちながらも、運命に順応しようとしない姿を描くアルバムだと所属事務所は説明した。
タイトル曲は「TO BE OR NOT TO BE」で、二者択一の岐路に立っている危うさを盛り込んだ。このほかにも「Dead Or Alive」、「Dizzy」、「Airplane」、「COME BACK HOME」などが収録される。
RBW所属プロデューサーのイ・サンホ、Cosmic Sound、Cosmic Girl、ソ・ヨンベ、イ・フサン、ミンキなどが勢ぞろいし、トラックを満たした。
「Dizzy」はONEUSのメンバーのソホ(SEOHO)、レイブン(RAVN)が“兄弟グループ”ONEWEのキア(CyA)とともに制作した楽曲だ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事