KBS WORLD

キム・ボムス、来月6日 KIRINとのコラボ曲「Juliana」をリリース

2020年07月31日

男性ソロ歌手のキム・ボムスが、“レトロ感性”で最近注目されているシンガーソングライターのKIRINと手を組み新曲をリリースする。
所属事務所のYoungエンターテインメントは31日、キム・ボムスがKIRINと作業したニューシングル「Juliana」を来月6日午後6時にリリースすると明らかにした。
この楽曲で2人は、1990年代を風靡した思い出の場所を、“伝説の中に存在していた場所”と形象化して再び現在に呼び戻す物語を繰り広げる。
キム・ボムスは今月29日、SNSに「ついにKIRINとの作業が現実に」というコメントをアップし、新曲のニュースを伝えた。
KIRINはレトロミュージックを披露する若いミュージシャンとして最近関心を集めている。バラエティ番組から派生したイ・ヒョリ(Fin.K.L.)、Rain(ピ)、ユ・ジェソクによる男女ユニット「SSAK3」の楽曲候補に挙がった「ORE ORE」の作業に参加した。
「Juliana」はキム・ボムスがデビュー20周年を記念し披露する長期音源プロジェクト「MAKE 20」の9番目のシングルだ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事