KBS WORLD

Crush、本日(7/14)ニューシングル「OHIO」をリリース…作詞はEpik HighのTabloが担当

2020年07月14日

シンガーソングライターのCrushがさまざまなアーティストとコラボしたニューシングルをリリースする。
所属事務所P NATIONは14日、Crushのニューシングル「OHIO」を同日リリースすると発表。
同名タイトル曲は心のすべての荷を下ろして一緒に歌い踊ろうという内容を盛り込んだ楽曲で、ヒップホップユニットEpik HighのTabloが作詞に参加した。
収録曲「Let Me」はレトロミュージックで愛されている米アーティスト デヴィン・モリソンが作詞・作曲・編曲とフィーチャリングを行った。90年代のR&Bをもとに恋に落ちた恋人たちを描いた楽曲だ。
Crushは14日午後5時から公式YouTubeチャンネルを通じてカムバック記念放送を行う。
直々に今回のシングルを紹介し、ファンに真っ先にライブを披露する時間を設ける予定だ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事