KBS WORLD

Click-B出身のEVAN、2年ぶりの新曲「Shine」をリリース

2020年07月09日

ボーイズグループClick-B出身の歌手EVAN(ホソク)が2年ぶりに新曲をリリースする。
所属事務所のIOKカンパニーは9日、EVANのニューシングル「Shine」が発売されると、同日発表した。
EVANの新曲は、2018年7月に発表した「traffic light」以来だ。
彼は「traffic light」をはじめ、主にバラード曲を発表してきたが、「Shine」は疲れた日常の中で自分を見失ってしまった人々に希望を与えるモダンポップジャンルの曲だ。EVANが自ら作詞・作曲・編曲を手掛けた。
EVANは「夢を探す事が自然だったあの時の私を思い出しながら、今回の曲を作業した」とし「夢に向かって流れる時間は一人一人違うように、誰もが自分の望むように生きてほしい」と伝えた。
1999年Click-BのリードボーカルとしてデビューしたEVANは、グループで活動し「Undefeatable」、「dreaming」などの代表曲を残したが、2002年グループを脱退した。
その後アメリカに留学し、2007年からソロで活動を行った。代表曲に「Men ...Can be so helpless」、「It's Alright to Cry」などがある。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事