KBS WORLD

BLACKPINK、新曲「How You Like That」がビルボード「HOT100」で33位に初登場…またも新記録更新へ

2020年07月07日

ガールズグループBLACKPINKが新曲「How You Like That」で、ビルボードのメインシングルチャート「HOT100」で33位を記録した。
今回、K-POPガールズグループがこのチャートを通じて単独シングルで記録した最高順位だ。
ビルボードは7日、公式ツイッターに「How You Like That」が今週の「HOT100」チャートに33位で初登場すると発表。
BLACKPINKはこれに先立ち、ポップスターのレディー・ガガの楽曲にフィーチャリングした「Sour Candy」で先月の「HOT100」でも33位を記録した。
しかし今回の記録は、単独シングルとして収めた成果で、意味深い。
BLACKPINKが単独楽曲で立てたこれまでの「HOT100」の最高記録は、昨年4月の「Kill This Love」の41位だった。
この他にも2018年6月に「DDU-DU DDU-DU」で55位、イギリスのポップ歌手デュア・リパとコラボした「Kiss and Make Up」で93位を記録するなど通算5回も「HOT100」に名を連ね、地道にビルボードで存在感を高めた。
「HOT100」はストリーミング実績と音源販売量、ラジオ放送の回数などを総合し、個別曲の人気を集計するチャートだ。
通常、メインアルバムチャートの「ビルボード200」がファンダムの規模と密接な関係があるならば、「HOT100」は楽曲の大衆的な認知度を見せていると思われる。
「How You Like That」は今週の「ワールド・デジタル・ソング・セールス」チャートでは1位、アメリカの「デジタル・ソング」チャートでは2位を獲得。
今回の順位が反映された最新ビルボードチャートは、米現地時間の7日に公開される。
この楽曲はビルボードとともに世界2大チャートとされるイギリスのオフィシャル・チャートのシングルチャートでも2位に上り、韓国ガールズグループの単独シングルとしては最高記録を立てた。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事