KBS WORLD

BLACKPINK、新曲「How You Like That」は「ファンの皆さんの心をそっと温める曲になれば幸いだ」

2020年06月29日

「私たちの音楽が好きで、私たちを応援してくださる方々に自分自身を愛することができ、いつも堂々とした人になってほしいという言葉を伝えたい」(ロゼ)
ガールズグループのBLACKPINKは今月26日、YouTubeで中継されたグローバル記者懇談会で「自分たちをロールモデルにする人々にどんなメッセージを伝えたいか」という質問にこのように明かした。
“ガールクラッシュ”のアイコンのようなグループである彼女たちは、今年9月にリリースする1stアルバムの収録曲「How You Like That」を26日午後6時に先行公開。1年2か月ぶりにリリースしたの新曲だ。
BLACKPINKがデビュー4年目で初めて披露するフルアルバムに収録された楽曲である上、久しぶりにリリースする新曲なだけに準備に万全を期した。
ジェニーは「フルアルバムは初めての挑戦だったため、過程がとても長かった」とし、先行公開楽曲に対しては「メンバー4人が皆、膝に真っ黒なあざが出来るほど振り付けの練習をした」と述べた。
最近、MVの予告映像を通じて導入部の一部が公開。
「How You Like That」はこれまで彼女たちがリリースした楽曲よりさらにヒップホップ感が強いナンバーだ。
ロゼはこの楽曲を大人しくても攻撃をするときは激しくなる猫に例え、「序盤は穏やかでまた絶望的な歌詞もあるが、フック(hook、曲の中で最も記憶に残る短いフレーズ)になるところからパッと雰囲気が急変する」と紹介。
ジスは「何か大げさに聞こえるかもしれないが、今回の楽曲を通じて前向きで希望的なメッセージを与えたかった。暗く厳しい状況に屈することなく、再び立ち上がることができるパワーと自信を失わずにいようという気持ちを込めて歌った」と明かした。
YouTubeで韓国最多の3760万人ものチャンネル登録者を持つBLACKPINKらしく、同日の記者懇談会も一時は71万人ほどが視聴。
彼女たちは昨年4月に「Kill This Love」でビルボードのメインシングルチャート「HOT100」の41位を記録した。
さらに最近では、フィーチャリング参加したポップスターのレディー・ガガの楽曲「Sour Candy」が同チャートで33位に上り、世界の音楽市場でポジションを確立。
ジェニーは「最初にレディー・ガガさんと電話で話をすることになった。BLACKPINKが持った個性やカラーがとてもよく、私たちの音楽のファンだったと先におっしゃってくださった。デビュー前からとても尊敬して好きだったアーティストとコラボすることができたのが信じられなく、光栄だった」と心境を伝えた。
これに先立ち、2018年にイギリスの次世代ディーバと呼ばれるデュア・リパと「KISS AND MAKE UP」でタッグを組んだ。
ジスはこのような世界的なポップスターとのコラボレーションについて「いつも新しい姿や自信を持った姿をお見せしようとする点で魅力を感じ、ともに作業をすることになった」と自評。
ロゼは「音楽がユニバーサル(普遍的)だということを今一度感じた。音楽は言語や文化の障壁が問題にならないということを、今回の機会に学ぶことになった」と胸を張る。
グローバルK-POPグループに飛躍した彼女たちは、今月27日にアメリカNBCのトークショー「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン(The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)」で新曲のパフォーマンスを公開。
韓国ガールズグループで“最速”、“最多”、“最高”のような代名詞がいつも付きまとうが、彼女たちは成績や記録にあまり気を使わないという。
リサは「記録より多くのファンが今回の新曲でどんな魅力を感じ、好きになってくれるのか気になり、ワクワクする」とコメント。
ジェニーも「多くの方々とよいエネルギーを共有しているということに感謝する」と述べた。
BLACKPINKはヒップホップを基盤とする強烈な音楽とよどみないステージマナーをはじめ、独特かつトレンディな衣装でも有名だ。
ジェニーは「ボーカルや感情、ダンス、ファッションなどすべてがひとつに完ぺきに調和される時、音楽の表現を極大化できると思う。アルバムを準備するたびにこの世になかった新しいことを作り上げようという目標を持ち、参加している」と強調。
彼女たちはファンがカムバックをずっと待っているだけに、今年の活動計画に対しても言及した。
ジェニーは「今回シングルを皮切りにまもなくフルアルバムでファンと会うことになる。メンバー各自のソロ活動も計画している。何より、もうすぐリリースされる『How You Like That』が皆さんの心をそっと温めることができたらと思う」とメッセージを寄せた。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事