KBS WORLD

映画『#生きている』、公開5日目で累積観客数100万人を突破…2月以降の“朗報”

2020年06月29日

ユ・アインとパク・シネの主演映画『#生きている(原題:#살아있다)』が公開5日目で累積観客数100万人を突破した。
今年2月以来、初めて100万人の観客動員を突破した映画だ。
今月28日、韓国映画振興委員会の統合ネットワークは同日午後5時時点で『#生きている』の累積観客数は100万1802人を記録したと発表。
これにより『#生きている』は今年2月23日以降、新型コロナウイルス感染症により低迷していた劇場街で初めて100万人を突破した映画となった。
それ以前に100万人の観客を超えた『正直な候補(原題:정직한 후보)』や『クローゼット(原題:클로젯)』よりも早いペースで累積観客数100万人を突破。
『#生きている』は、ゾンビの攻撃で都市が統制不能に陥った中、マンションに孤立した人々が生存に乗り出す物語を描く。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事