KBS WORLD

ヨンタク側、音源買占め疑惑を否定…「ご心配をおかけし、申し訳ない」

2020年03月26日

トロット(韓国の演歌)歌手オーディション番組で2位を獲得したヨンタク側が、最近提起された音源買い占め疑惑について事実ではないと反論した。
所属事務所MILAGROエンターテインメントは「弊社の音源買い占め疑惑について、事実ではないことをお伝えする」と26日、報道資料を通して伝えた。
これによると、所属事務所は「規模が小さい会社のため、歌手へのサポートに限界があった。より良い活動のため、周りに協力を求め、様々な努力をしてきた」とし「その過程で、会社の未熟さゆえにヨンタクを苦しい状況に追いやってしまったのではないかと心が痛い」と説明した。
また「ファンの皆さんにご心配をおかけした点については深くお詫び申し上げる。今回のことをきっかけに、会社運営に関する事については、より慎重に行っていきたい」と謝罪した。
先月、トロットオーディション番組に出演したある歌手が、2018年に音源買い占めや不法ババイラル・マーケティング(口コミなどで顧客の獲得を図るマーケティング手法)をしようとしたと、あるメディアによって報道された。
この歌手がヨンタクではないかという推測が出るや、ヨンタクは自身のファンカフェに「誰よりも正直に一生懸命音楽をやってきた」との文章をアップし、これを否定した。
しかし同メディアは今月23日、2018年10月の「Why are you out there」リリース当時、ヨンタクの所属事務所がプロデュース兼マーケティング会社の代表にお金を渡し、音源サイトのリアルタイムチャートにランクインするよう依頼した状況があると改めて報道した。

エンタメ情報一覧へ 次の記事