KBS WORLD

BTS、4月のソウル公演中止を発表…観客20万人の健康と安全を考慮

2020年02月28日

ボーイズグループBTS(防弾少年団)が新型コロナウイルス拡散に伴い、4月に予定していたワールドツアーのソウルコンサートを中止すると発表した。
所属事務所BigHitエンターテインメントは28日、ファンコミュニティ「BTS Weverse」を通して「4月11日、12日、18日、19日に蚕室(チャムシル)総合運動場の主競技場で行われる予定だった“BTS MAP OF THE SOUL TOUR – SEOUL”の中止を決定した」と伝えた。
所属事務所は「新型コロナウイルスが世界的に拡散している中、現在4月時点の拡散状況は予測不可能であり、公演スタッフおよび装備、移動手段などの確保が困難になってきた」と明らかにした。
続いて「今回の決定は20万人の観客とアーティストの健康、安全を考慮した結果。公演日直前で中止を発表した場合、海外からの観客および公演関連企業、スタッフへの被害がさらに大きくなることは不可避。したがって、公演日まで1カ月以上ある現時点で中止の決定を下した」と説明した。
また、「新型コロナウイルス拡散防止のため政府が出した集団イベント自粛指針や自治体の文化・体育施設関連措置に積極的に協力する上で、苦渋の決断をしたということをご理解いただきたい」と伝えた。その上で、「楽しみにしてくださっていたファンの皆さんに残念なお知らせを伝える事となり、心からお詫び申し上げる。何卒ご了承いただきたい」と明かした。
既に販売したチケットは、公式プレイガイドであるインターパークを通じて順次、払い戻しが行われる予定だと伝えられた。
今月21日4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」をリリースしたBTSは、4月から始まるワールドツアーの初コンサートをソウルオリンピック主競技場で4日間にわたって行う予定だった。
一方、ガールズグループTWICEも来月初めにソウルオリンピック体操競技場で開催する予定だったワールドツアーのフィナーレの公演中止を発表している。

エンタメ情報一覧へ 次の記事