KBS WORLD

「コロナウイルス克服」へ…キム・ウビン、コン・ユなどスターの寄付相次ぐ

2020年02月27日

新型コロナウイルス感染症が韓国全土に拡散している中、俳優のチョン・ウソンや女優のキム・ヘスなど、韓国のスターたちがこれに救いの手を差し伸べている。
26日芸能メディアによると、ドラマで活躍中の女優キム・ヘスは「希望ブリッジ全国災害救護協会」に1億ウォン(約1000万円)を寄付した。
国連難民機関(UNHCR)の親善大使として活動した俳優チョン・ウソンや、昨年映画『82年生まれ、キム・ジヨン(原題:82년생 김지영)』に出演した俳優コン・ユ、そして最近ナレーターとしても新境地を開いた俳優キム・ウビンも社会福祉共同募金会「愛の実」にそれぞれ1億ウォンを寄付した。
この他にも歌手で女優のスジは国際救護開発NGOの「グッドネイバーズ」に1億ウォン、ガールズグループGirl's Day出身の歌手で女優のヘリが「セーブ・ザ・チルドレン」に1億ウォン、タレントのカン・ホドンが「緑の傘子ども財団」に1億ウォンを寄付した。
女優のパク・ボヨン、キム・ヘウン、俳優のチュ・ジフンもまた「愛の実」や「グッドネイバーズ」、「希望の友飢餓対策」にそれぞれ5000万ウォン(約500万円)を寄付している。
これらの寄付金は、マスクや消毒液の購入が困難な低所得層や、感染者が多く発生した大邱(テグ)・慶北(キョンブク)地域の市民らのために使われる予定だ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事