KBS WORLD

『傷つけない』や『MR.ZOO:消えたVIP』、動物たちが活躍する旧正月映画

2020年01月21日

動物園の動物が、実は全員着ぐるみを着た人間だったら…。
そんなあり得ない設定で始まる映画『傷つけない(原題:해치지 않아)』(監督:ソン・ジェグン)など、動物を題材にした映画が、旧正月の連休を控えた劇場街を盛り上げる。
廃業寸前の危機に瀕した動物園「ドンサンパーク」の新しい園長になった見習い弁護士テス(アン・ジェホン)は、客も動物もいない動物園を救うために職員たちに奇想天外な提案をする。
ホッキョクグマ、ライオン、キリン、ゴリラそしてナマケモノの着ぐるみを着て出勤した5人の職員たち。
渾身の力を込めた動物の演技で動物園が再び活気付くかと思いきや、突然危機が訪れる。
主演を務めた女優のカン・ソラは「私にとっては実は動物映画ではない。むしろ、人々がどうすれば悪い状況を乗り越えて、動物園が倒産しないようにするのかという内容なので」と作品を紹介している。
一方、『MR.ZOO:消えたVIP(原題:미스터 주: 사라진 VIP)』(監督:キム・テユン)の主人公である国家情報局のエース要員チュ・テジュ(イ・ソンミン)は、海外に派遣されたVIP警護任務の遂行中、突然事故に遭ってから、あらゆる動物の声を聞き取り始める。
テジュは事故後に消えたVIPを探すため、軍犬のアリーと協力して事件を解決していく。
トラ、ゴリラ、オウム、パンダまで多彩な動物が登場し、動物たちの吹き替えに有名芸能人が参加した。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事