KBS WORLD

「スーパマン」や「1泊2日」、新しい発見が盛りだくさんのKBSバラエティ番組

2020年01月20日

育児バラエティ「スターパパ奮闘記!スーパーマンが帰ってきた」でおなじみのサッカー選手パク・ジュホ一家。先日第3子を迎え、2人のお姉さんになった長女のナウン。
いつも弟のゴンフに優しい長女のナウンが、父親のパク・ジュホ選手を応援に行き、甘えた姿を見せ、話題になっている。
グランドでウォーミングアップをする父親に大きな声で「パパ、がんばって!」と声援を送り続けたナウン。ちょっと頑張りすぎて喉が痛くなってしまった。すると友人のテイ君が小さな咳の音にもすぐ反応し、心配して水を用意してくれた。
ナウンは「お兄ちゃんありがとう」と頼もしいお兄ちゃんに突然赤ちゃんのように甘える姿を見せた。
このように毎週日曜日、キュートな姿を見せてくれるナウンに視聴者が釘付けになっているという。
そして「1泊2日シーズン4」では、俳優と歌手チームに分かれて漢字当てのゲームに挑戦したメンバーたちが、相手が正解できないであろう漢字を懸命に選んでいる。
お笑いタレントのムン・セユンは「『肉』を問題に出すけど漢字でどう書くか教えてくれる?」と言うと、ボーイズグループVIXXのラビは「肉って知らないんですか…?」とツッコむ。
難しい問題を出したくても、知っている単語がなくて困り果てる出演メンバーたち。俳優チームが厳選した最初の漢字は果たしてどんな単語なのだろうか。
俳優のキム・ソンホが「畑の“田”」と掲げると、番組シーズンで長くレギュラーを務めるキム・ジョンミンは「それを問題に出したの?ちょっと待て、何やってるんだ!」と慌てた様子。
ラッパーのDinDinからは「兄さん本当にこの漢字知ってるの?」と聞かれるとキム・ジョンミンは「もちろん、知ってるさ!」としながら「僕だけが書けるんだ!なんて楽しんだろう」とうれしさを隠せない。
「今この瞬間だけ“天才”になったみたいだ」と笑顔いっぱいの彼は、最初の問題「田」の文字を軽く当てた。
続いて歌手チームが出した「職人の“工”」の文字。
ムン·セユンは「悪い奴らめ…」と悶絶し、チームで膝を突き合わせて相談してしみたが、「刀」になったり何やら記号のような物を加え始めたり正解からは程遠いようだ。
数字の問題では歌手チームが「七」、俳優チームが「九」を当てる対決になった。
ムン・セユンは「“七”って何だったっけ…」と言いながら“数字地獄”に陥りつつも、無事にクリアした模様だ。
実は俳優チームは「九」の文字が「七」だと勘違いして、それを問題にしようと考えていたことが後で分かり、移動のバスの中で俳優のヨン・ジョンフンは「僕たちはそれ(九)が七'だと思ったんだ…」とつぶやき、一同微妙な空気となった。
俳優チームのメンバーたちの今後が本当に心配だが、新シーズンのレギュラーたちも侮れないことが立証されたエピソードであった。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事