KBS WORLD

Stray Kids 来年3月、日本正式デビュー

2019年12月05日

ボーイズグループStray Kidsが来年3月に日本で正式デビューする。
所属事務所JYPエンターテインメントによると、Stray Kidsは3日、東京代々木国立競技場第一体育館でショーケースを開き「来年3月に日本デビューし、ベストアルバム“SKZ2020”をリリースする」とサプライズ発表したという。
Stray Kidsの日本デビューアルバムは、ソニーミュージックから発売される。
「Stray Kids Japan Showcase 2019 “Hi-STAY”」という名前で開かれた今回のショーケースは、日本のファンクラブ限定で開催され、8000人のファンが集まった。メンバーは、デビュー曲「District9」と「My Pace」、「MIROH」などパワフルなパフォーマンスでステージを繰り広げた。
彼らは9日、韓国内のカムバックも控えており、ニューミニアルバム「Cle:LEVANTER」を9日午後6時に公開する予定だ。
タイトル曲「Levanter」は、グループ内のユニット3RACHA(メンバー:チャンビン、バンチャン、ハン)が作詞、作曲し、JYPエンターテインメントの代表プロデューサー、パク・ジニョンとHerz Analoが作詞に加わった。
Stray Kidsは2017年10月、アイドルオーディション番組で選抜され、翌年3月にデビューした。昨年の歌謡授賞式では8冠を達成し、まさに韓国新人歌手の有望株だ。
昨年10月、メインボーカルのウジンがグループを脱退し、9人組から8人組に再編成された。これに伴い「Cle:LEVANTER」の発売日程も延期された。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事