KBS WORLD

BTSのジョングク、休暇中のカラオケ店での写真流出の件で店主などを検察送致

2019年12月03日

慶尚南道(キョンサンナムド)巨済(コジェ)警察署は、ボーイズグループBTS(防弾少年団)のメンバー、ジョングクがカラオケをする姿が収められたCCTV(監視カメラ)の写真を流出させた疑いで、巨済のカラオケ店の関係者2人を起訴意見で検察に送致したと明らかにした。
カラオケ店の店主など2人は、今年9月に休暇中のジョングクが慶尚南道の巨済にあるカラオケ店を訪れた時の姿が映ったCCTVの写真をポータルサイトの掲示板などに無断で掲示した疑いがもたれている。
警察はBTSの所属事務所BigHitエンターテインメント側からの告発状を受け付け、カラオケ店関係者たちの個人情報保護法違反の疑いについて捜査してきた。
数枚の該当写真が掲示された後、ジョングクと、当時同行した知人女性のうち1人との熱愛説が浮上すると事務所が公式表明を通じて「ジョングクに関する主張は事実ではない。休暇期間の些細なプライベートの日常が歪曲され伝えられたことについて遺憾に思う」と明らかにしたことがあった。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事