KBS WORLD

マ・ドンソク主演映画『始動』、世界21カ国へ配給

2019年12月02日

今月2日、配給会社NEWは、マ・ドンソク&パク・ジョンミン&チョン・ヘイン主演の映画『始動(原題:시동)』(チェ・ジョンヨル監督)が、韓国公開を前に世界21カ国へ配給されたと発表。
『始動』は、台湾、オセアニア、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシアなどに配給され、海外の航空版権も販売された。
今月18日に公開される同作品は、反抗児の「テギル」(パク・ジョンミン)と「サンピル」(チョン・ヘイン)が正体不明の料理長「ゴソク兄さん」(マ・ドンソク)と出会い、厳しい現実世界を味わう過程が愉快に描かれている。
チョ・グムサン作家の同名人気ウェブ漫画が原作で、マ・ドンソクがおかっぱ頭に変身し話題を集めた。
シンガポールの配給会社の関係者は、「活力溢れるコミカルなキャラクターが、笑いを誘うだろうと期待している」とコメント。
この映画の海外配給を担当するCONTENTS PANDAは、「海外のバイヤーの間で『新感染 ファイナル・エクスプレス』とマーベル映画『エターナルズ』に出演したマ・ドンソクに対する反応が熱かった」と伝えた。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事