KBS WORLD

キム・レウォン、コン・ヒョジン 現実ロマンス 『最も普通の恋愛』 単独インタビュー

2019年09月12日

元カノに傷つけられた男“ジェフン” (キム・レウォン)、元カレに裏切られた女“ソニョン” (コン・ヒョジン)!
二人の男女の現実ロマンスを描いた映画『最も普通の恋愛(原題:가장 보통의 연애)』でタッグを組んだキム・レウォン、コン・ヒョジン、そしてカン・ギヨンにインタビューを行った。
ひと際、仲がよさそうに見える2人は、16年前に一度共演した仲だという。
【コン・ヒョジン】:「2003年1月に放送されたドラマだった。その時(私は)まだ24歳で、レウォンさんも若く、私も若かった。何というか、だから本当に初々しかった」
久しぶりに会い、甘い愛のストーリーを描くかと思ったが、現実はそうではなかったと言う。
【キム・レウォン】:「酔っぱらって戯言を言い、失敗して転んで、執着しながら電話かけたり、メールを送ったり、とても(映画が)現実的だ」
【コン・ヒョジン】:「映画で“こんなにばかばかしくてもいいのかな?こんなに普通の話であっていいのかな?”と思うほど、行動が本当に起こりそうな、私もしたことがあるようなそんな事ばかり」
10月の公開を控えた映画に先立ち、KBS新水木ドラマ「椿が咲く頃 (原題:동백꽃 필 무렵)」を通して先に視聴者の元を訪れるコン・ヒョジン。
映画とドラマを同時に準備しながら大変な事はなかったのだろうか?
【コン・ヒョジン】:「ドラマの予告編も最近出てきて、映画の予告編も出てきた。だから、喜ばしいことだと、“二重の喜び”だと思っている。ドラマでこの映画を宣伝するという気持ち」
【記者】:「ドラマで映画の宣伝をする?」
【コン・ヒョジン】:「ドラマに出演しているため、(ドラマが)“とてもいい。おもしろい”と思えば、当然映画も面白そうだと観るようになる(と思う)。一石二鳥!」
一方、今作品には、900万人の観客を動員した映画『EXIT(原題:엑시트)』で印象深い演技を披露したカン・ギヨンが2人の職場の同僚として出演する。
【記者】:「最近、出演する作品ごとにヒットしているが、今回の作品はどのような予想?」
【カン・ギヨン】:「兄と姉は、“宇宙のパワーがお前を助けている”と言う」
カン・ギヨンの良いパワー、もう一度期待したいものだ。
【キム・レウォン】:「こちらをご覧の皆さん、良い一日になりますように。たくさん笑って過ごせますように」
【カン・ギヨン】:「少しすれば秋夕(チュソク)、家族の方々と楽しい時間を送ってください」
恋愛をした人なら誰でも共感する映画『最も普通の恋愛』は来月公開予定だ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事