KBS WORLD

赤頬思春期、新曲「Workaholic」がチャート席巻…音楽的な変化がリスナーにも届く

2019年09月11日

女性デュオ赤頬思春期(アン・ジヨン、ウ・ジユン)のニューアルバム『Two Five』が音源チャートのトップを席巻した。
今月10日に発売された彼女たちのミニアルバムのタイトル曲「Workaholic」は11日午前を基準に、Melon、GENIE MUSIC、Mnet.com、Bugs、Soribadaなど主要音楽配信チャートで1位を占めた。
その中でMelonでは公開1時間で収録曲5曲全曲が50位圏内にランクインし、またBugsでは1位から5位までを総なめにするなど“音源絶対強者”の面目を改めて見せつけた。
今回のアルバムで赤頬思春期は音楽スタイルとイメージの変化を図った。甘い感性のアコースティックなポップスから脱し、ロックサウンドやヒップホップのリズムなど日頃から行いたかった試みも成功させた。
「Workaholic」は世の中に疲れたワーカーホリックに送るメッセージをギターとベース、ドラム、ストリングスなど豊富なサウンドで盛り込んだ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事