KBS WORLD

Crush、28日にPSY率いる「P NATION」から初シングル発売…“ボサノバリズムがポイント”

2019年08月23日

R&BシンガーのCrushがPSY率いる事務所「P NATION」に移籍後、初のシングルを発表する。
P NATIONはCrushが今月28日の午後6時にシングル「NAPPA」を音楽配信サイトに公開すると23日に明らかにした。
Crushは今月9日に蚕室(チャムシル)補助競技場で行われたPSYの「びしょびしょショー」にゲストとして出演し新譜を準備中だと発表した。
「NAPPA」は昨年11月に出したポップジャンルの楽曲「Lay Your Head On Me」以来9カ月ぶりの新曲で、彼が先月P Nationに籍を移した後、初めて発表する楽曲だ。
彼が普段からよく聴くボサノバのリズムを組み合わせた楽曲で、自身だけのコーラス法でリフレインにポイントを置き、豊かなサウンドが完成した。
同日午前、P Nationは公式SNSにジャケットカバーのイメージを公開した。写真には赤いトレーニングウェアを着て草むらに座っているCrushの服を、誰かが引っ張る姿が収められた。
2012年にデビューしたCrushはヒップホップデュオDynamic Duoが設立した「アメーバカルチャー」で活動し「Oasis」「Just」「Don't Forget」「Beautiful」などヒット曲を輩出した。甘いボーカルにプロデュース力を兼ね備えた“音源強者”として位置づけられた。
彼はまたZico、DEAN、Penomeco、Millic、Stay Tunedなど6人のラッパーとR&Bミュージシャンで構成されたヒップホップクルー「FANXY CHILD」のメンバーとしても活動中である。FANXY CHILDは今月シングル「Y」を出しファーストコンサートを開催した。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事