KBS WORLD

ホラー映画『変身』、アジアや南米など45カ国に輸出

2019年08月14日

ホラー映画『変身(原題:변신)』が世界45カ国に販売されたと配給会社のACEMAKER MOVIEWORKSが14日に明らかにした。
『変身』は台湾、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、ブラジル、メキシコ、アルゼンチンなどアジアと南アメリカの主要45カ国に輸出された。
ソン・ドンイルとペ・ソンウが主演を務める『変身』(キム・ホンソン監督)は、人の姿に変身する悪魔が家族の中に忍び込んで繰り広げられる奇妙で恐ろしい事件を描いたホラースリラーだ。
配給会社側は「人の姿に変身する悪魔と家族の恐怖という斬新な題材が海外のバイヤーたちの間で反響を得たようだ」と述べた。

エンタメ情報一覧へ 次の記事