KBS WORLD

『寄生虫』のイ・ジョンウン、「かわいい顔つきが心配だったが、恐怖感を与えられてよかった」

2019年06月12日


 

※本記事にはネタバレが含まれます。

 

「ポン・ジュノ監督の完璧な計画の中に私が入ったおかげ」

 

映画『寄生虫(原題:기생충)』を見た後、女優のイ・ジョンウンの演技が長い間脳裏に焼きつく。ものすごいエネルギーと魅力的な演技で、魂を奪うからだ。

 

パク社長の家の住み込み家政婦ムングァンを演じた彼女は、後半の再登場と同時に劇中の雰囲気を切り替え、強烈な後半戦へと導く。

 

11日にソウルの鍾路区(チョンノク)三清洞(サムチョンドン)で会ったイ・ジョンウンは、しばらくできなかった映画の話を豪快に語った。

 

彼女は夫のグンセ役を演じたパク・ミョンフンとともにどんでん返しの核心を握るキーパーソンであるため、しばらくマスコミ露出を避けてきたが、累積観客数が700万人を超えた時点で取材陣に会った。

 

イ・ジョンウンは観客の熱い反応に「ポン・ジュノ監督の完璧な計画の中に私が入ったようだ。キャラクターを引き受けたのも幸運。このようなことに味を占めちゃいけないけど、中毒になったらどうしよう」と爆笑した。

 

彼女は劇中、出演するシーンごとに強烈な印象を残す。特にパク社長の自宅から追い出され、雨の降る日の夜、顔に傷ができたまま訪れ、玄関のインターホンの前で繰り広げる演技はまさに逸品だ。

 

「台本には私が少し酔っ払って登場するが、酔っ払いながらも礼儀正しく見えるように演じた。私はそのシチュエーションが笑わせてしまうのではないかと心配したが、むしろ見た人はぞっとしたようだ」

 

彼女が地下室のドアを開けるため壁と家具の間に横にぶら下がっているシーンも想像を絶する。「実はワイヤーに助けてもらった。撮影の数ヵ月前からアクションスクールでテストした」「あの時は血圧が上がり、しばらく撮影が中断されたこともあった」と振り返った。

 


 

イ・ジョンウンは劇中、北朝鮮のアナウンサーを真似する演技も披露する。彼女は「監督がくださった関連資料を見ながら、かなり長い間、暇さえあれば練習した」と述べた。

 

彼女は「夫婦が地下バンカーで何を興じたのかを考えた。世の中の事情について語り合いながら、『なぜ私たちがここでモグラのように生きているのか』という話をしながら、北朝鮮式の冗談も言ったのではないかという想像をしながら演じた」と振り返った。

 

イ・ジョンウンがポン監督の作品に出演するのは今回で3度目だ。『母なる証明』(2009)にも顔を出し、『オクジャ/okja』(2017)では“スーパー豚”オクジャの鳴き声を演じた。

 

彼女は「監督が変なことをたくさんさせる。それでも私は『盛り上がって面白く、楽しく、変な作品を一緒に作ろう』と提案するときが楽しい。俳優たちは演技をする時に“正しいのか間違っているのか”を考えて葛藤するが、『寄生虫』はその是非を判断せずに演じるようになった。全面的に監督を信頼したからだ」と振り返った。

 

演劇舞台で長年演出助手を務めたイ・ジョンウンは、1991年に演劇『真夏の夜の夢(原題:한여름 밤의 )』でデビューし、30年近く演劇やミュージカル、舞台やスクリーン、お茶の間を行き来しながらキャリアを積んだ。

 

イ・ジョンウンは最近よく言われる“旬の俳優”という言葉に、「最近の旬といったらラ・ミランさんでしょう」と言いながらも「今後、殻を破った俳優たちがたくさん登場し、自律競争体制に突入するだろう」と予想した。

 

『寄生虫』の成功は彼女に自信とプレッシャーを同時に与えた。

 

「私、実はかわいい顔つきでしょ。みんなが映画を見て恐怖を感じることができるかどうかが最大の関心事だった。今も我ながら『私はとてもかわいいのに…』と、こんな心配をしている(笑)」と笑いを誘った。

 

続けてイ・ジョンウンは「前作の強烈な印象のせいで、これから作品を選ぶ時のプレッシャーになりそうだ。ストーリーに対して唯一無二の俳優になりたい」と抱負を語った。

エンタメ情報一覧へ 次の記事