KBS WORLD

ファン・ジョンミン、映画『人質』で俳優ファン・ジョンミン役に

2019年05月16日

15日、配給会社NEWは、ファン・ジョンミンが映画『人質』で史上最悪の人質事件に巻き込まれた俳優“ファン・ジョンミン”役で出演すると発表した。

 

ファン・ジョンミンは、2017年クランクアップした映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男(原題:공작)』以降、これまで演劇舞台で活動してきた。彼は本作の出演理由について「人質と犯人、彼らを追いかける警察の追跡まで、終始手に汗握る展開が見る人を熱中させ、緊張感を与える作品」だと述べた。

 

『生き残るための3つの取引』、『ベテラン』、『軍艦島』を製作した映画製作会社“外柔内剛”が、ファン・ジョンミンとタッグを組むのは本作で4回目だ。

 

短編映画『武器の陰(原題:무기의 그늘)』、『ある約束(原題:어떤 약속)』などを演出した新人ピル・カムソン監督の長編映画デビュー作。この日、クランクインを迎え2020年に公開予定だ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事