KBS WORLD

韓国マネジメント連合&韓国芸能マネジメント協会、'カン・ダニエル論争、不法な背後の責任を問う'

2019年04月15日

芸能界のマネージャーらと制作会社団体が、歌手カンダニエルと所属事務所LMエンタテインメント専属契約るがす勢力が存在すると主張し、これを座視しないと警告した。

 

マネジャー約300団体 韓国マネジメント連合12声明書提出し「関連する論争不法背後勢力の疑惑K-POP発展阻害し、正当専属契約るがす行為」であると主張した。

 

これはLMとの専属契約論争げているカンダニエルの背後に、代理人である香港在住A'芸能界黒幕'ばれているBがいるという疑惑一部のメディアで提起されたことによるものとみられる。

 

韓国マネジメント連合声明で「今回事態で、大衆文化芸術産業発展法規定す法律的資格が欠如している3不健全勢力前途有望なティストを懐柔し、所属事務所との亀裂と論争る背後に浮かび上がった疑惑について、憂慮遺憾を表する」とかした。

 

また背後疑惑提起されたらを「合法的なエージェンシー機能えていない不健全勢力」である批判しながら、専属契約妨害行為が、これまで築き上げてきた韓流文化の土台を一崩壊させる可能性があると懸念を示した。

 

韓国マネジメント連合に「文化体育観光部が推奨する標準専属契約書締結した正当専属契約関係にもわらず、正当理由なく破棄歪曲された主張非合理的要求などで産業根本揺るがす事し、断固として対処する予定」であるとった。

 

韓国芸能マネジメント協会同日声明発表し、今回事態する懸念を表した

 

韓国芸能マネジメント協会は「最近、カンダニエルとLMエンタテインメント法的亀裂を引き起こす第3勢力背後に存在しているという疑惑提起された」とし、「一基本的な制作システムやマネジメント機能さええていない不適切勢力妨害らかにあったとすれば、エンタテインメント産業未来阻害する事件」であると指摘した。

 

韓国芸能マネジメント協会は「論争理由らかになっていない時点では、我々協会ての事案公平判断する」とし「アティストと所属事務所円満協議を通じ、葛藤やかに解決することをむ」とった。

 

これに先立ちカンダニエルはLMエンタテインメントを相手専属契約効力停止仮処分申請った。事件審問今月24日午後330にソウル中央地方裁判所かれる

エンタメ情報一覧へ 次の記事