KBS WORLD

BRAND NEW MUSIC「San Eと相互合意の上、専属契約終了」

2018年12月07日

BRAND NEW MUSICは6日「San Eと話し合った結果、専属契約を終了することで相互に合意した」と発表した。
San Eは先月16日、梨水駅男女暴行事件をきっかけに書いた曲「FEMINIST」をはじめに「6.9cm」、「ウンエンウン(原題:웅앵웅)」を次々と発表し、騒動の渦中に立っていた。「FEMINIST」などを通じてSan Eは男性を嫌悪する極端な女性たちを批判する内容をラップで表現した。
そして12月2日に開催されたレーベル所属歌手たちによる合同コンサート「BRAND NEW YEAR 2018」において、一部の観客からはこの議論に関連した野次が飛び、San Eが乱暴な言葉で応酬したことが問題視されていた。
その後、BRAND NEW MUSICは「コンサートと関連して起こったすべての議論に責任を痛感している」と謝罪した。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事