KBS WORLD

“今週の公開映画”…『群山:ガチョウを歌う』ほか

2018年11月08日

“映像で詩を書く監督”と呼ばれる在中韓国人出身のチャンリュル監督が、今度は群山(クンサン)を背景にした新作映画『群山:ガチョウを歌う』(原題:군산 : 거위를 노래하다)を披露した。
この映画は、主人公の男女が何の計画もなしにふらりとたどり着いた群山を舞台に展開される。彼らは古いレストランや民宿を行き来しながら自らの記憶と向き合っていくが、映画では、日本統治時代の痕跡があちこちに残る都市の中で韓国人の集団記憶と個々人の過去が合わさって作られたそれぞれの先入観が暴かれていく。
合計2部に分けられたこの映画は、2部の最後が1部の始まりに繋がるという逆の構成になっているが、観客は映画を見ていくうちに、記憶に支配され自分の姿まで振り返るような体験をすることになる。
一方、1986年に公開されて話題を呼んだスリラー時代劇『女哭声』が、22年ぶりにリメイクされ公開を迎えた。ホラー映画ジャンルで経験を積んできた女優ソ・ヨンヒが申氏夫人役を演じ、ストーリーを展開している。

エンタメ情報一覧へ 次の記事