KBSWorld
  • 検索する

風の国(바람의 나라)   2008 年 全36話

  • コミュニティ
出演
    ソン・イルグク、チェ・ジョンウォン、チョン・ジニョン、パク・コニョン、イ・ジョンウォン、オ・ユナ、キム・ヘソン、キム・ジェウク他
    演出:カン・イルス
    脚本:チョン・ジノク、パク・ジヌ
放送時間
2016年10月3日(月)スタート!
本放送【月~木】午後6:30~8:00

※特別編成により、第27話、第31話の放送時間が変更になります。
第27話 11月16日 本放送【水】午後6:40~8:00
第31話 11月23日 本放送【水】午後6:50~8:00
みどころ
*韓国の歴史上、唯一「神」の称号を与えられた’高句麗’の王 大武神王(無憮<ムヒュル>)の人生と愛の物語。
*原作は韓国で累計100万部を突破し、数々の賞を受賞した大ヒットコミックをドラマ化!
*『朱蒙(チュモン)』のソン・イルグクが朱蒙(チュモン)の孫である主人公 無憮(ムヒュル)を熱演!その他、大ヒット映画『王の男』のチョン・ジニョン、『ブレイン 愛と野望』チェ・ジョンウォン、『火の女神ジョンイ』パク・コニョン、『コーヒープリンス1号店』キム・ジェウクら豪華出演者たちが勢ぞろい。
*視聴率30%を超える人気を誇った『海神-HESHIN-ヘシン』の制作陣が再び集結し、韓国歴史ドラマの真骨頂を見せる!
*無憮(ムヒュル)×ヨン(チェ・ジョンウォン)×トジン(パク・コニョン)が繰り広げる儚くも切ない恋の三角関係も見どころ!
あらすじ
朱蒙の死後 息子ユリ王の時代。建国数十年を経た《高句麗》は団結力を失いテソの侵略を受け王朝滅亡の危機を迎えた。その時、誕生したひとつの命。その名は無恤[ムヒュル] =大武神王[テムシンワン](高句麗三代目王)だった。ムヒュルは不吉な子と予言され、誕生と同時に「死」を宣告される。高句麗の王権を揺ぎ無いものとするため、息子を殺すというあまりにも残酷な選択を強いられるユリ王だが…。
登場人物
ソン・イルグク チェ・ジョンウォン チョン・ジニョン パク・コニョン ハン・ジニ オ・ユナ イ・ジョンウォン
キム・ジェウク
無恤(ムヒュル)役:ソン・イルグク
朱蒙(チュモン)の孫で瑠璃(ユリ)王の息子。後の大武神王。兄弟と親、そして自分の子供を殺す運命、という神託により、王子であることを知らず壁画師として育てられる。しかし、生涯一人の恋人・ヨンに出会い、またライバル・トジンに出会い、自分の高句麗の王となる運命に近づいていく。韓国歴史上唯一「神」の称号が与えられた王。
ヨン役:チェ・ジョンウォン
テソ王の甥、タクロクの娘。民の生活や彼らの心の傷に共感できる温かい心の持ち主。プヨの王室で平穏な人生を送るよりは、人の傷や、心を治療する医者としての人生の方をこよなく愛する。高句麗のスパイと誤解され拷問をうけたムヒュルを献身的に看病する。後に、ムヒュルの王としてのカリスマの下に隠れている心の傷を、暖かく癒やす存在となる。
ユリ王役:チョン・ジニョン
チュモンの意を受け継ぎ、高句麗の強化のため生涯を捧げた王。初期高句麗国内の混乱と、プヨという強国の威嚇の中、彼の人生は常に自分の幸せと高句麗の利益の狭間で揺れ動いていた。息子ムヒュルを殺せず、縁を切ることを選ぶが、彼の決断さえもムヒュルの運命を変える事は出来なかった。
トジン役:パク・コニョン
プヨの暗殺部隊最強の「フギョン(黒影)」。いつも冷静沈着でテソ王の信頼を受ける。ヨンに出会い、密かに気持ちを寄せるが、彼女にはムヒュルしかいないと知り、ムヒュルへの敵対心が燃え上がる。ムヒュルとは、永遠のライバル関係となる。
テソ王役:ハン・ジニ
若き時代、チュモンに受けた雪辱を晴したいと考え、高句麗征服を狙う冷徹なプヨの王。 領土拡大への野心を満たすため、周辺国と絶えず戦争を起こす。残酷な侵略者であり、時には器の大きい王として、二つの顔を持つカリスマの持ち主。直々の秘密部隊を使い、高句麗を威嚇する。
ヘアプ役:オ・ユナ
身分は低いが、知恵と強い意志を持つ壁画家。ヘミョンが安心してムヒュルを頼められた唯一の人物。ヘミョンを愛しているが、身分の違いの為想いを伝えることができずにいる。ヘミョンのためにも、ムヒュルを守り抜こうとする。 。
ヘミョン:イ・ジョンウォン
高句麗の言葉で、「鳴り響く」という意味の「ヘミョン」。名前通りの勇敢さと決断力を併せ持った高句麗の太子。ユリ王の命に従い、ムヒュルを自分が愛した女性ヘアプに預け、育てさせる。ムヒュルに身分を明かせないが、つねに見守っている存在。
チュバルソ役:キム・ジェウク
無恤(ムヒュル)の正義感溢れる姿に感銘を受け、彼とどんな時でも苦楽を共にする仲間になる。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます