KBSWorld
  • 検索する

TV小説 ウンヒ(TV소설 은희)2013年 全140話

  • コミュニティ
出演
    キョン・スジン、イ・イン、チェ・ユンソ、チョン・ミンジン他
放送時間
2013年9月17日(火)スタート
本放送【月~金】13:45~14:30
再放送【月~金】08:35~09:20



みどころ
*日本初放送!朝鮮戦争直前に起こった殺人事件を中心に、三家族の行き違いの運命と和解、愛を描く感動のヒーリング・ドラマ!
*濡れ衣を着せられ亡くなった父親のせいで、 殺人者の娘としてつらい人生を生きる「ウンヒ」。 数々の試練の中でも希望を失わないヒロインを演じるのは、『その冬、風が吹く』『シャーク』で“第2のソン・イェジン”と称された話題の新人、キョン・スジン!
*次世代スターたちの好演はもちろんのこと、キム・ヘソン、パン・ヒョジョンなどベテラン俳優らの出演で、さらに信頼感がアップ!悲劇の時代を生きる人々の人生を通し、同世代には郷愁を、若い世代にはその時代への共感を与える感動の名作。
あらすじ
1950年、朝鮮戦争前の開城(ケソン)。急病になった幼い息子の病院代が必要だったソックは、開城商事の息子ドクスにお金を貸してもらうよう必死に頼むが、ドクスはその願いをそっけなく断る。言い争いのあげくドクスが倒れ、ソックは彼が落としたお金を持って逃げてしまう。翌日、やっと息子の病院代を払いホッとしていたソックは、昨晩ドクスが死んだと言う話を聞き、呆然となる。さらに犯人は、ソックの親しい友人で、開城商事の社長グムスンから厚く信頼されていたヒョンマンだと言うのだが…
登場人物
キョン・スジン イ・イン チェ・ユンソ チョン・ミンジン イ・デヨン キム・ヘソン
ホン・イルグォン パン・ヒョジョン パク・チャンファン ファン・ミソン  
キム・ウンヒ役:キョン・スジン
ヒョンマンとジョンオクの娘。生活に困っていても、人情深く、誠実で穏やかな人物。生まれてまもなく戦争となり、父を失ってしまう。記憶にはないが、常に恋しい父が付けてくれた「ウンヒ」と言う名前は彼女にとってとても大事。優等生だったものの、家の事情で学業を諦め、工場の経理として働きながら家計を支える。
イム・ソンジェ役:イ・イン
グムスンの孫で、ドクスの息子。豊かな家庭で育った豆腐工場の主任で、明るく外向的な人物。しかし、実の親に対する恋しさを常に心の奥に潜めており、寂しい時こそもっと笑い、悲しい時こそ明るく振舞っていた。偶然一目ぼれしたウンヒが工場に入ってきてから、彼の中の孤独が癒されはじめる。
チャ・ヨンジュ役:チェ・ユンソ
ソックとギルレの娘。ピアノ専攻の高校3年生で、戦争時の釜山で生まれたが、豆腐工場の娘として裕福に育った。自己中心的でストレートな性格だが、根はいい人で、堂々とした態度が魅力的な女性。彼女にとって決して諦められないものは、ピアノとソンジェ。ピアニストの夢をもつようになったのも、大好きなソンジェのお陰だった。

チェ・ジョンテ:チョン役・ミンジン

豆腐工場の職員。一件無口で頑固な男性に見えるが、片想いのウンヒ一筋の純情派。慎重で人情深く、ハーモニカ演奏を好む繊細な面ももつ。中学校の時までウンヒの近所で育ったが、父親の仕事で仁川に移るようになり、彼女と離れてしまう。10年ぶりに仁川で再会したウンヒをそばで静かに見守り、彼女に豆腐工場を紹介する。
キム・ヒョンマン役:イ・デヨン
ジョンオクの夫で、ウンヒの父親。責任感が強く、誠実で、周りの人からの評判もいい。近所で育ったソックとは無二の親友。グムスンの厚い信頼を受け、彼女の一人息子であるドクスのわがままに耐えながら、開城商事を総括していた。
ハン・ジョンオク役:キム・ヘソン
ウンヒの母親。情深く寛大で、賢明な母親。ヒョンマンと結婚し、平凡な暮らしの中でも幸せな家庭を夢見ていた。しかしウンヒが生まれて間もなく戦争に遭い、悲劇的な事件に巻き込まれ、苦難の道を歩むようになる。
イム・ドクス役:ホン・イルグォン
グムスンの息子で、ソンジェの父親。三代続きの一人息子で、社長の母親の下でちやほやされ育つ。お酒に酔うとさらに乱暴になり、家業の開城商事はそっちのけ、妻が亡くなってからは女遊びに走るようになる。
イ・グムスン役:パン・ヒョジョン
ドクスの母親で、開城商事の社長。主人と嫁が亡くなり、一人息子と幼い孫だけが彼女の全てであった。頑固で自ら家業を率いる女傑だが、息子のドクスには何でも許してしまう。彼女にとってドクスは人生そのものであり、命のような存在。
チャ・ソック役:パク・チャンファン
ヨンジュの実の父親で、豆腐工場の工場長。貧困な生活の中でも誰よりも誠実で、家族の笑顔さえあればどんな困難も乗り越えてきた。わがままなドクスにはいつも苛まれる一方、ヒョンマンとはお互い頼れる親友関係。しかしある日の夜、悲劇に巻き込まれてしまう。
カン・ギルレ役:ファン・ミソン
ソックの妻で、ヨンジュの母親。20年間、夫が働く工場の社長であるグムスンを母のように支え、ソンジェを息子のように育てながら家事を切り盛りしていた。戦争時に病弱な息子を失い、一人娘のヨンジュに全ての愛情を注いでいる。


-----------------------------------------------------------------------------------
★番組詳細

『ポッキ姉さん』、『愛よ、愛』、『少女サムセン~漢方医の夢~』等、数々の人気作品を生み出してきたKBS「TV小説」シリーズの最新作、『TV小説 ウンヒ』(演出:ハン・チョルギョン 脚本:イ・サンミン、アン・ホンラン)が9月17日(火)、いよいよKBS Worldにて日本初放送を開始する。



『TV小説 ウンヒ』は、朝鮮戦争直前に起こった殺人事件を中心に、三家族の行き違いの運命と和解、愛を描く予定。戦争の直前に殺人の濡れ衣を着せられた父により、殺人犯の娘として後ろ指をさされながら辛い人生を生きていく主人公のウンヒ役には、女優キョン・スジンが抜擢された。キョン・スジンはすでに、KBSドラマ『赤道の男』やドラマスペシャル『スチール写真』、SBSの『その冬、風が吹く』等で優れた演技を披露し、視聴者に強烈な印象を残した話題の新人。特に今年5月から放送されたKBS ドラマ『シャーク』でソン・イェジンの幼少時代を演じ、“第2のソン・イェジン”と称されながらますます注目を浴びている。



さらに、キョン・スジンの相手役にはイ・インが好演。彼の演じるイム・ソンジェ役は、父親のように慕っていた人が自分の実の父を殺した犯人であることを知り、結局それによって叶わない恋に落ちてしまう人物。そして、『棚ぼたのあなた』『シークレットガーデン』等に出演したチェ・ユンソが、殺人事件の真犯人の娘だが、父親の犯罪は知らないまま恵まれた環境で育つ女性、チャ・ヨンジュ役を演じる。最後に無口で不器用だが心優しい男、チェ・ジョンテを演じるのは、新鋭チョン・ミンジン。彼が演じるチェ・ジョンテは、片想いしていたウンヒをそばで静かに見守る一途な純情派。他にもキム・ヘソン、パン・ヒョジョン、パク・チャンファン、チェ・ジュンヨン、チェ・ジュボンなど、実力派中堅俳優たちが出演し、期待感を高めている。



苦難の時代を生きる人々の人生を描き、韓国では年齢を問わず幅広い視聴者の支持を得ている『TV小説 ウンヒ』が、日本の視聴者にどのような感動を届けるのか。9月17日(火)からKBS Worldにて毎週【月~金】13:45放送予定。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます