KBSWorld
  • 検索する

【ドラマスペシャル】 (드라마스페셜) 2012年 1話完結 全4部

  • コミュニティ
出演
放送時間
2013年2月18日(月)スタート 
本放送【月・火】15:20~16:30
再放送【水・木】23:10~00:20
みどころ
*日本初放送!斬新な話題と完成度の高い短編作品で広いファン層を持つKBSドラマスペシャルの最新シーズン!!
*『シークレットガーデン』で大ブレイクし、今最も注目を集めている若手俳優イ・ジョンソク、『赤道の男』『太陽をのみ込め』等でエレガントな魅力を発揮した人気女優イム・ジョンウン等が好演!今、旬の豪華キャストたちが有名ドラマ作家・監督とタッグを組み、既存の連続ドラマでは見られない魅力と感動をお届けします!
あらすじ
1.私がいちばん美しかった時
本放送:2月18日(月)15:20~16:35
再放送:2月20日(水)23:05~00:20

韓国放送日:2012年8月26日
脚本:イ・ヒョンジュ
演出:ペク・サンフン
出演:チョン・イクリョン、イ・ジョンソク、ソン・ヨンギュ、キム・スヨン 他

<あらすじ>
ガンが再発したシネ(チョン・イクリョン)は治療を受けず、残りの人生を家族と一緒に楽しく生きていきたいと思うのだが、夫ウィス(ソン・ヨンギュ)の説得に仕方なく入院することになる。シネが入院した日、小さなハプニングで、隣のベッドの患者の保護者であるジョンヒョク(イ・ジョンソク)に出会うのだが、何気なく気にかかっていた彼がとあるきっかけでシネの人生にますます入りこんでくるように。自分を女として接してくれるジョンヒョクに会って、シネはまた生きていきたいという気持ちが生じるのだが…。


2.チルソン号
本放送:2月19日(火)15:20~16:30
再放送:2月21日(木)23:10~00:20

韓国放送日:2012年9月9日
脚本:マ・チャンジュン
演出:キム・ジヌ
出演: チョンウ、パク・ヒョジュ、キム・レハ、チョン・マンシク、キム・スヒョン 他

<あらすじ>
朝鮮族のヨンデ(チョンウ)がチルソン号に乗った日の夜、密航者たちが寝ている間に仲間割れから殺し合いを始めた乗務員たち。翌朝表に出た密航者たちは、乗務員たちがすべて殺されているのを見つけ驚愕する。ヨンデが唯一の生存者であったため、密航者たちに殺人犯と思われ、殴る蹴るの暴行を受け、捕えられてしまうのだが、当時のことが思い出せないヨンデは混乱するばかり。そんな彼に近づいてきた女性の密航者ジェヒ(パク・ヒョジュ)は、彼に船を脱出しようと持ちかける。


3.ガラスの監獄
本放送:2月25日(月)15:20~16:30
再放送:2月27日(水)23:10~00:20

韓国放送日:2012年9月2日
脚本:ペク・ヘジョン
演出:イ・ウンボク
出演:イム・ジョンウン、チン・テヒョン、ペ・ソンウ、パク・チュンソン 他

<あらすじ>
10年前、ひき逃げ事故で妹を亡くした強力班刑事のスジョン(イム・ジョンウン)は犯人を見つけようと努力するのだが、結局犯人を突き止めることができないまま時効が過ぎてしまう。時効が過ぎた翌日、スジョンは当時のひき逃げ事故の唯一の目撃者であるテソク(ぺ・ソンウ)を訪ねて大暴れし、停職処分を受ける。その日の夜、スジョンは正体不明の暴漢に襲われ気を失ってしまうのだが、ある人物の助けで危機を辛うじて脱した。しかし、彼の家から10年前の妹の死に関する決定的な手がかりが発見され…。


4.アート
本放送:2月26日(月)15:20~16:35
再放送:2月28日(木)23:05~00:20

韓国放送日:2012年9月16日
脚本:ハン・サンウン
演出:パク・ヒョンソク
出演: イ・ボヒ、パク・ジュングム、オム・テグ、キム・イェウォン、キム・ジョング 他

<あらすじ>
映画<アジト>。上映当時の観客32人。初めてのカンヌ映画祭公式招請作。
監督は映画の失敗を悲観してフィルムを燃やし自殺、そして当代最高の女優だった主演俳優コ・ジョンア(イ・ボヒ)は<アジト>出演以降、映画界から姿を消した。このように映画<アジト>は伝説として残るのみで、何人かの映画ファンたちの口に上るだけだったが、そんなある日<アジト>の元本フィルムがフランスの倉庫で発見される。
映画監督のチュン(オム・テグ)は、アルバイトで映画<アジト> DVDに入る映像の演出を引き受けた事をきっかけに、<アジト>にまつわる過去の人物を追跡するドキュメンタリーを作る計画を立てることになる。中でも、彼の最大の目的は、伝説の女優コ・ジョンアの行方を明らかにすること。果たして映画<アジト>の衝撃的な秘密は明らかになるのだろうか?
登場人物

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます