KBSWorld
  • 検索する

京城スキャンダル(경성스캔들)  2007年 全16話

  • PHOTO Gallery
  • 壁紙ダウンロード
  • コミュニティ
出演
放送時間
2012年12月23日スタート
放送【土・日】15:55~17:10




みどころ
プレイボーイの嘘の愛が、真実の愛、そして祖国の愛に変わる!モダンボーイと独立運動家のロマンスを描く全く新しいフュージョン時代劇!

*2007年KBS演技大賞優秀演技賞、ベストカップル賞を受賞、京城最高のプレイボーイになりきったカン・ジファンの見事な演技にも大注目!

*日本の統治下にいた1930年代を背景に、激動の時代を生きる若き男女のロマンスを明るく痛快に、時にシリアスに描いた傑作ドラマ!
あらすじ
1930年代の京城。京城一のプレイボーイ、ソヌ・ワン(カン・ジファン)。順風満帆な人生を歩む彼の前に現れた1人の女、ナ・ヨギョン(ハン・ジミン)。「ジャスト・テンミニッツ!」と、ワンは、志の固いヨギョンをわずか10分で自分の虜にさせると挑戦状を叩き付け、プレイボーイと模範生の恋愛ゲームが始まった!ある日、勘違いでワンのカバンを持ってきてしまったヨギョン。普段からヨギョンを監視していた鍾路署巡査イ・ガングは、問題のカバンを押収しヨギョンを尋問する。カバンの件で、鍾路署で再会したヨギョンとワン。ついにカバンが開けられる緊張の瞬間…だが、中からでてきたのはエロ写真!ホッとすると同時に気まずさにため息をつく2人…初めての出会いからこじれ始めた2人の運命はいかに?
登場人物
カン・ジファン ハン・ジミン リュ・ジン ハン・ゴウン アン・ソクファン キム・ヘオク イ・ギョンジン
カン・ナムギル
ソヌ・ワン役-カン・ジファン
京城一おしゃれなプレイボーイ。 どんな服も軽く着こなす、図図しい浮気者。 近代文化とともに誕生した’自由恋愛’の潮流は、彼のために準備された物かもしれない。10分ならば充分…10分あれば京城の女たちを自分の虜にできる!これはでたらめではなく、実験に実験を重ねた明らかな事実。 一度口にした言葉は、何があっても守る…それが彼の唯一の長所。職業は、大衆文化雑誌「月刊ちらし」の客員記者。先輩のお願いで面白半分に始めた仕事だが、記事をまとめる卓越した能力、精巧な写真合成力のおかげで、彼は遊び歩きながらも金を稼いで行く。
ナ・ヨギョン役-ハン・ジミン
京城で新教育を受けたが、前近代的な価値観を大事にする古典的新女性。彼女の服装は、未だに白いチョゴリに黒いチマだ。親日派とモダンガール、モダンボーイを軽蔑する。意識も使命感もなく流行だけをひたすら追い贅沢する彼らは、祖国の未来のためにならない余り者と考えるからだ。彼女は過激なぐらい強靭で、強靭なぐらいに頑固だ。 正しい事だけを言い言った通りに行動する。そんなヨギョンを口説こうと多くのモダンボーイが挑戦状を叩きつけたが、彼女にはかなわない。京城の男たちはこれ以上ヨギョンを口説こうとはせず、代わりに彼女を皮肉って‘チョマジャ’(朝鮮時代(チョソンシデ)最後の(マジマッカン)女(ヨジャ))’と呼ぶ。
イ・スヒョン役-リュ・ジン
朝鮮総督府保安課で、朝鮮人としては珍しく超スピード昇進を繰り返えしている東京留学派出身のエリート。仕事もでき、礼儀正しく整った容貌に、何よりも彼は有能。 総督府の保安課長、上田守が彼をどれほど頼っているかは周知の事実。心理捜査の達人で、彼により全てのものが明らかになる。当然有能なだけに周囲に敵も多く、幼ななじみのソヌ・ワンもそうだ。ワンがハードウェアで勝負したら、彼はソフトウェアで勝負する。だが、周囲はそのソフトウェアを実行できるシリアルナンバーを知らない。そのため彼のソフトウェアにどんな秘密が隠されているのか誰も分からない。
チャ・ソンジュ役-ハン・ゴウン
本名チャ・ヨンホン。高級官僚が出入りする最高級料理屋’ミョンビン館’の人気芸者。綺麗な容姿と魅力を持つソンジュは、悩殺的で挑発的なカメレオンだ。彼女はむやみに手で折れる花でも、道端に咲いている花でもない。京城最高の大金持ちか権力の持ち主でない限り彼女に会えない。ソンジュは芸能人がいなかったその当時、朝鮮最高のスター級芸能人だった。
上田守役-アン・ソクファン
総督府保安課長。多血質で成果第一主義、戦時行政の最高峰にいる。ブルドーザーのような推進力で部下たちを圧迫する。事件がなければ事件を作り、証拠がなければ捏造でもする。自分の出世にプラスになる者、有能な者なら誰でも利用する。彼は今、有能な朝鮮人イ・スヒョンと冷血な日本人山下コウジの二人を興味深く見つめている。当然二人の頭脳争いで得られた成果は、全て自分の利益だ。
上田幸子役-キム・ヘオク
上田守の妻。当時の元祖有閑マダム。日本有数の貴族で財閥家‘上田家’の一人娘。 幼いころからお姫様のように育ったため、世間知らずで褒められれば機嫌がいい。 幸子には称賛だけが真実で、忠告は判断ミスからでた失言だ。何でも最高でなければ相手にしない。
チェ・ハギ役-イ・ギョンジン
ナ・ヨギョンの母。両班の娘で厳格な教育を受けて育った外柔内剛の女性。独立運動をしていた夫が満州で客死したという便りが届いてから監視の目を避け京城に逃避、書店と針仕事をしながら女手一つでヨギョンを育てた。受難の日々だったが、一度も夫を恨んだことはなく、どんな苦難と試練にも卑屈な姿を見せない。
キム・タック役-カン・ナムギル
ソヌ・ワンの先輩。ワンをスイングジャズ、恋愛、マ―ジャン、ポーカーの世界に引き入れた張本人。彼はワンの学校の先輩でなく娯楽界の先輩で、大衆文化雑誌「月刊ちらし」の発刊人兼編集長。「月刊ちらし」はスキャンダルと出処不明のゴシップネタを粗悪な合成写真と共に記事化し、販売部数を上げる低質雑誌だ。酒が入れば独立闘士となり彼の武勇談は尽きないが、酒が冷めると記憶喪失にでもかかったように何も思い出せない。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます