KBSWorld
  • 検索する

いつもドキドキ(언제나 두근두근)  2002年 29話

  • コミュニティ
出演
放送時間
2008/3/18スタート
本放送【月・火】19:50-21:00
再放送【月・火】深夜03:35-04:45
みどころ
あらすじ
航空会社の新入社員スンヨン(イ・ユンソン)は、チェックインカウンターでの客とのもめ事がきっかけで危うく首になりそうになる。
そんな中、特殊顧客チーム長でスンヨンの恋人ジュノ(イム・ホ)が、上司にスンヨンのことは自分が責任を持つと言う。こうして、スンヨンは翌日から特殊顧客チームで働くことになり…
VIP顧客がいるラウンジに行けることを喜ぶスンヨン。だが彼女が担当する客はVIP顧客ではない 車椅子の顧客だった。落ち込むスンヨンはジュノに愚痴るが、公私の区別をしっかりしろというジュノの言葉になす術もない。
一方、スンヨンのいとこハギョン(キム・ヒョンス)は英会話学校に登録しに行くが、割引きカップル受講料分だけのお金を持って行ったため受講料不足で登録できない。
この時、ハギョンを見ていたチャノ(コン・ユ)はハギョンにカップルのふりをして一緒に登録しようと提案。ハギョンは仕方なくチャノと一緒に登録するのだが…
登場人物
キム・ヒョンス コン・ユ チョン・ダヘ ユン・ミラ イ・ソンヨン イム・ホ ソル・スジン
ソ・ハギョン役( 21歳, 女)-キム・ヒョンス
明るく好奇心旺盛でいつも新しいものを追い求めている。せっかちで失敗も多いが温かい心の持ち主。 独立心が強くプライドも高く正しいと思ったことは最後まで推し進めるタイプ。自分の欲求を満たすよりは 周囲の人たちと助けあって生きる人生が美しいと感じる今時珍しい若者。
パク・チャンホ役( 23歳, 男)-コン・ユ
三浪の末航空交通物流学部に入学したが自分の課の授業よりは航空運航課の授業にほぼ毎日顔を 出す変わり者。途中で学校を辞め自分の趣味を生かし料理師の道を選択したチャンホは、空港の スナックバーで働くことになるのだが.. 世界中の人々が共に楽しめる機内食を提供する最高の料理人に なるのが彼の夢。
ソ・ミンギョン役( 18歳, 女)-チョン・ダヘ
ハギョンの妹で大学入試を直前に控えた高 3生。 幼い頃からアトピー性皮膚炎で苦労してきたため神経質で、祖母と母の愛を一身に受けてきた。 姉ハギョンとは違い自分勝手な面が多く、いつも姉に勝とうとし家族を自分の思い通りにさせようとする。 いざとなると自分の持病を武器にするわがままなソ一家の問題児。
ファン・スイム役( 47歳, 女)-ユン・ミラ
ハギョンの母で 空港内のスナックバーを運営中。美貌と温かい人柄で多くの常連客を持つ。 週に1回はスナックバーにくる常連客金教授の求愛を受けるが、彼女にはもっと大切なものがある。 それは、愛する2人の娘ハギョンとミンギョン、そして、姑、兄、彼女の常連客達。そして彼女をいつも 見つめている夫ヨンフン。彼らがいてこそ彼女は幸せだ。
キム・ウジン役(28歳, 男)-イ・ソンヨン
航空会社のシステム管理をするカリスマ溢れる魅力男。ハンサムで話が面白くあらゆる女性を虜にする ウジン。特にキックボードに乗り空港を行き来する彼の姿は活気に満ちた若者の姿そのもの。地方大学の 教授である父が唯一の家族であるウジンだが、実は彼の父である金教授は実の父ではなく養父だった。 ウジンの実父の友人だった金教授は、赤ん坊だけ残して事故にあった友人夫婦の代わりにウジンを養子 として育ててきた。だがデリケートな思春期に実の母だと思っていた養母を失い、自分の出生の秘密も知る ことになったウジン。そんな痛みがあったからこそわざと明るく振舞おうとするウジンの顔には、憂愁と影が 垣間見える。
イ・ジュンホ役(30歳, 男)-イム・ホ
元スチュワートで特別顧客サービスチーム長。バツ一という噂が流れるが真偽のほどは分からない。 洗練されたマナーとソフトな微笑みは顧客たちのためだけのもの。原理原則を重視する粘り強い職業精神の 持ち主で部下職員の些細なミスも認めない厳しい上司。 それだけ出世も早く最年少チーム長という格を持つジュンホ。そしていざ事が起こると責任をとり解決してくれる 特別顧客―ムの解決者で、温かく包んでくれる神秘的な人物。
ジニファン役( 27歳, 女)-ソル・スジン
ウジンの幼なじみで親同士も親しい友達。 幼い頃家族で米国へ移民した後、米国で大学を卒業。ミスワシントン出身の才媛で航空会社に入社し 米国ローカルスチュワーデスとして活躍した後ウジンと共に帰国した。 明るい性格でストレートだが他人への配慮を忘れない温かい人物。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます