KBSWorld
  • 検索する

4月のキス(4월의 키스) 2004年 全24話

  • PHOTO Gallery
  • コミュニティ
出演
放送時間
2016年5月27日(金)スタート!
本放送【金】深夜03:10~05:20
(2話連続放送)
みどころ
*愛のためにお互いを傷つけ傷つき合う若者が、本当の愛の意味について語りかけるピュアで切ないラブストーリー!
*「誘惑」のイ・ジョンジン、「野王 ~愛と欲望の果て~」のスエ、映画「オオカミの誘惑」のチョ・ハンソン出演の名作ドラマ! 
あらすじ
チェウォン(スエ)に恋心を抱くジェソプ(チョ・ハンソン)は、自転車で駅までチェウォンを迎えに行く。自転車にチェウォンを乗せたジェソプは、同じ町に引っ越してきたジョンウ(イ・ジョンジン)に偶然会う。 その翌日、チェウォンとジェソプの通う学校にジョンウが転校してくる。チェウォンの隣の席に座ることになったジョンウと、いじめられるジョンウをジェソプがかばったことで、3人は2度目の対面を果たす。 ジョンウはある日、ジェソプに教えてもらったハクトウワシを探しに山に登ったところ、母のお墓参りに来ていたチェウォンに会う。 そこでチェウォンとジョンウは偶然、伝説の鳥フェニックスを一緒に見ることになり、急速に近づいたジョンウとチェウォンはキスを交わす。 仲良く山を降りてくるチェウォンとジョンウを見たジェソプ。 そんなある日、父の転勤命令が出て引っ越すことになったジョンウは、チェウォンに必ず手紙を送るという言葉を残して去っていくのだが・・・
登場人物
イ・ジョンジン スエ チョ・ハンソン ソ・イヒョン
ハン・ジョンウ役:イ・ジョンジン
運命の愛を信じる男。堂々とした余裕とともに素朴さも持つ。 ジェソプが上司と衝突があってもひたすら我慢するタイプなら、ジョンウはどんな状況でもユーモアと余裕を失わないタイプだ。何の不自由なく育ってきたジョンウは、人生は楽しむものだと考える。山道を自転車で走りながら鳥を探すのが趣味。 こんな悠々自適なジョンウの人生に一つの変化が訪れる
ソン・チェウォン役:スエ
作業着姿のチェウォンはまるで男のようだが、作業が終わり普段着姿に戻ると非常に女性らしい。いつも笑顔でスポーツが大好きで、彼女はまるで8つの魅力を持つ八色鳥のようだ。美術にも素質があり美大で彫塑を専攻し、今は美術学院を開き受験生に美術を教えている。彼女が一番大事にしているものは、中学の時にある男子学生からもらった文鳥一つがい。今飼っている文鳥はその時の文鳥ではないが、この文鳥を見る度に当時を思い浮かべる。それがジョンウに対する恋なのかただの思い出なのかは、未だによく分からない。確かなことは、今彼女のそばにいるのはジェソプということだ。 しかし、チェウォンの前にジョンウが現れたことで、チェウォンは戸惑い始める。
カン・ジェソプ役:チョ・ハンソン
一人の女性しか愛せない一途な男で、カリスマを持つ。 人生において努力と忍耐がどれだけ重要なのかを知っている男だ。運命は切り開くものであり、努力すれば何でも叶うものだと信じて生きてきた。物事を計画的に行うジェソプは、貧乏な幼年期を過ごした分、富や名誉に対する執着を持つ。ジェソプは射撃をたしなみ、ゴルフも人並みだ。また、製パンを習いチェウォンを喜ばせたりもするロマンチストだ。
チャン・ジナ役:ソ・イヒョン
テジングループ会長の娘でデザイン室長。自由奔放ではばかるものがない。洗練された容姿で裕福な家に生まれた特有のプライドと個性を持つ。父チャン会長の女性遍歴を軽蔑しながら育ち男への信頼がないため愛なんて信じない。チェウォンとは美大の先輩後輩の仲。ジェソプのことはロボットみたいな男だと感じるが、自分が会長の娘であることを知りながらもはばかりなく接するジェソプが、それなりに魅力男であるとチェウソンとジェソプの付き合いを後押しする。だがジョンウが新入社員として入ってくると、ジョンウ特有のロマンとユーモア感覚に魅力を感じ、ジョンウにアプローチするがあっさりと断られる。 一度も男に断られたことのないジナ・・・彼女はそんなジョンウの魅力にとりつかれるのだが・・・

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます