KBSWorld
  • 検索する

恋愛結婚(연애결혼) 2008年 16話

  • PHOTO Gallery
  • OST
  • 壁紙ダウンロード
  • コミュニティ
出演
放送時間
2014年10月12日(日)スタート!
本放送【日】14:55~17:25 (2話連続放送)
※1,2話のみ14:45~17:35
みどころ
*再婚専門情報会社のカップルマネージャーと離婚専門弁護士の恋を描くロマンチックコメディー!
*「星をとって」「ヨメ全盛時代」のキム・ジフン、「グッパイソロ」のキム・ミニ、「推奴(チュノ)」「男の物語」のパク・ギウなどフレッシュなキャスティングも話題!
あらすじ
優秀なカップルマネージャーのガンヒョン(キム・ミニ)は、昇進が決まった矢先に恋人ギョンファン(パク・ギウン)から別れを告げられる。さらに結婚詐欺師を紹介してしまったことから会社をクビになり多額の和解金を請求される。再婚専門の情報会社に再就職するも、結婚詐欺事件の被害者側の担当弁護士ヒョンス(キム・ジフン)と再会。なんと彼は同じビルにある離婚専門弁護事務所に勤めていたのだった。
登場人物
キム・ミニ キム・ジフン パク・ギウン ユン・セア パク・サンミョン ユン・ユソン ファン・ボラ
イ・ガンヒョン役-キム・ミニ
‘寂しいシングルたち!全部私に任せなさい! 私があなた達を救ってあげるから! ’ 仕事にはベストを尽くす順風満帆のカップルマネージャー。 人の特徴と条件をキャッチし正確なマッチメーキングをするが、 ちょっとしたミスでノブレスカップルマネージャーからはずされ、再婚専門カップルマネージャーをすることになる。人々の出会いと分かれ、結婚と離婚をともに経験しながら愛と結婚の本当の意味に気づき始めるとともに、離婚専門弁護士パク・ヒョンスを通して別れの方式を学ぶことになる。
パク・ヒョンス役-キム・ジフン
‘人が変わらないから愛が変わります。 離婚する人は皆、人が変わると錯覚するでしょう!’ 徹底した自己管理と完璧主義者で、実力ある離婚専門弁護士。だが出来損ないの兄のせいで前妻と離婚した痛みを持つ。法務法人<愛と平和>での仕事を通してガンヒョンに出会い、自分と反対の仕事をしているガンヒョンに出会いと愛の方式を学ぶことになる。
イン・ギョンファン役-パク・ギウン
‘愛と結婚は条件だ…. お前はお前が作った条件に恋したんだ’ ガンヒョンの3歳年下のイケメン彼氏で司法研修生。 自分にふさわしい男になれとはっぱをかけるガンヒョンに息苦しさを感じる。結局ガンヒョンと別れ違う女に出会い、彼女のおかげで<最後の愛>に見習いとして入ることになるのだが…
ソ・ファヨン役-ユン・セア
‘私、離婚体質みたい…だけどあなたが恋しい’ フードスタイリスト。賭博をする兄のせいでヒョンスと離婚した後、パリへ旅立ちフードスタイリストの勉強をしていたところ母の癌宣告を受けて帰国。 ヒョンスと再会するが、ガンヒョンの存在を知り混乱する。母の頼みで従兄弟の兄さんリュ・ソンホの再婚専門会社に加入し、カップルマネージャーのガンヒョンと出会いフードスタイリストとしてパーティー企画を一緒にやりながら仕事と愛を巡る三角関係に陥る。
リュ・ソンホ役-パク・サンミョン
39歳のバツ一。新春文芸出身の詩人で再婚専門結婚情報会社社長。順風満帆な弁護士ユン・ヘソンと結婚し、つかの間の幸せな生活を味わったが、経済力のなさでプライドが傷つき 浮気をし、それがばれてヘソンに離婚状を突きつけられる。 結局ヘソンに事務所を慰謝料としてもらい、再婚専門会社<最後の愛>を設立、事件を起こし<最後の愛>に流れ込んできたイ・ガンヒョンを雇うことになるのだが…
ユン・ヘソン役-ユン・ユソン
37歳のバツ一。順風満帆な離婚専門弁護士。 売れない詩人リュ・ソンホと結婚し経済的コンプレックスを持つ夫の疑妻症に悩み夫の浮気に激怒。容赦なく離婚した。 夫に事務所を慰謝料として与え、経済的にサポートする。 能力あるパートナーを必要とする中、パク・ヒョンスの実力を買い彼を<愛と平和>にスカウトするのだが・・・
キム・スニョン役-ファン・ボラ
ガンヒョンの友達。チャーミングでお金と男が大好きなぶっ飛び娘。自分で創ったアクセサリー屋がつぶれてしまい、生活が厳しいためヒスンとガンヒョンに機嫌をとりながら居候している。仕事と愛の両方を合わせ持つガンヒョンを尊敬するが、ガンヒョンの失敗と失恋を内心喜んだりもする二面性がある。それでもガンヒョンに最高のアドバイスもできるベストフレンド。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます