KBSWorld
  • 検索する

チャン・ヒビン(장희빈) 2002年 全100話

  • PHOTO Gallery
  • コミュニティ
出演
放送時間
2017年1月3日(火)スタート!
本放送【月~木】深夜04:10~05:20
みどころ
*アンコール放送!大ヒット時代劇!韓国史上、稀代の悪女として知られるチャン・ヒビンの壮絶な愛憎劇を描き、韓国で最高視聴率32.2%を獲得!
*『オフィスの女王』のキム・ヘス、『ホジュン 宮廷医官への道』のチョン・グァンリョル、『大河ドラマ チャン・ヨンシル』のパク・ソニョン主演。王を愛した2人の女性の悲しい愛の物語と王室で繰り広げられる権力闘争を描く!
*『朱蒙(チュモン)』『海神』のソン・イルグク、『チャングムの誓い』イム・ホ、『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』のチョ・ヨジョンなど豪華俳優陣 出演! 
あらすじ
愛欲と婦性という女性の二つの本質にそれぞれ極端に忠実だったチャン・ヒビンとイニョンワンフ(仁顕王后)、そして人間的な情理と王の役目の間で悩むスクジョン(肅宗)の物語だ。彼らは朝鮮の歴史上一番党争が熾烈だった時期の国王と国母として、あるいは男と女として、あるいは政敵として生きた。
三度の換局を通じて世の中の最高の地位から一番下の地位に落ちる経験を繰り返し、波乱万丈の生を経験した限りない悲劇の主人公だ。英・正祖の文芸復興期は決してそのままでは得られなかった。国家復興の基本になる政治の安定のために、とても人としては見えにくい決断と非情さを行使した肅宗がいたから可能な事だった。しかし惜しくも肅宗の存在は今まで歴史の中に埋もれていて、また二人の女性の中に隠されていた。政争の終末を祈るために彼が投げなければならなかった矢は、胸をえぐるような裏切りとさびしさとしてイニョンワンフとチャン・ヒビン、そして息子ユンに行ってささり、その傷のみを抱えても彼らの生は充分に手に余った。
そして、極大化した興味と劇的要素たちが競争力を付与した物語を新しい視覚で追跡して21世紀の新しい女性像を提示し、君王だから人間的な情理をあきらめなければならなかった一人の男の運命的な生を通じて社会の中での人間の役目と道理を照らすことで、公営性と競争力を同時に取り揃えた歴史ドラマとして再誕生させて、時代に歩調をあわせた歴史の再照明という任務を終えるための一部を担当する。
登場人物
キム・ヘス チョン・グァンニョル パク・ソニョン
チャンヒビン役-キム・ヘス
-名前 オクジョン。父親はチャンヒョン、母親はチャンヒョンの後妻ユン氏。長安最高の金持ちで あり歴官である叔父チャンヒョンの家で裕福に成長したが、家門の没落と共に宮女として入宮、 苦労のあげく肅宗の寵愛を受ける。ずば抜けた美貌と抜け目のなさでの愛を独り占めして王子 ユン(後のキョンジョン(景宗)を生んだ後ヒビンに位階を賜り、絶え間ない策略でイニョン王后を おとしめて国母の地位にまで昇る欲望の女性。肅宗に対する独占欲と身分上昇への執着が 病的な位に度が外れ、息子であるユン太子を酷くせきたてる非情な母親だった。度が外れた 嫉妬と屈した性格で肅宗の寵愛を失い、登板5年ぶりに中宮殿をまたイニョン王后に渡して ヒビンに降等される。
スクジョン役-チョン・グァンニョル
-朝鮮第19代王。ヒョンジョン(顕宗)とミョンソン王后キム氏の間に生まれた一人息子。ずば抜けた 頭脳と決断力で政争を適切に利用することで3回の換局を通じて力強い王権を駆逐して行った王だ。 せっかちで疑心が強くて誰も信じず、王権に挑戦することには常に冷情できっぱりと対処した。一人の 男としてチャン・オクジョンを愛して王妃ミン氏を廃位してオクジョンを中宮殿の地位に乗せるが、彼女と 南人の勢力が王権にとって脅威になるに至ると、南人たちを追い出してオクジョンを廃位、結局死薬を 飲ませて殺す冷情な面貌を見せる。大同法施行と常平通宝通用・国防力強化など、壬辰の乱以後 未決状態で足踏みしてきた社会全般の整備事業を大部分片付けながら相当な政治功績を残す。
イニョワンフ役-パク・ソニョン
-ミン・ユジュンの娘。1681年(肅宗7)、キム・ソンジュとソン・シヨルの推薦を受けて15歳の年で スンジョンの後妻になる。厳格な家風を受け継いで女としての幸福よりは国母としての役目まっとう しようとし、大王大妃チョ氏と大妃キム氏に誠心誠意仕えたのみならず真っ直ぐな気質と温厚さで、 王室はもちろん全臣民に尊敬される。しかし男の心を読んで魅惑するチャン・ヒビンとは違い、おとな しく病弱で受胎することができなくて肅宗の愛を得ることができない。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます