KBSWorld
  • 検索する

日常の奇跡-茶- 2部作

出演
放送時間
【本放送】2011年10月19日(水)、26日(水)13:00~13:50
【再放送】2011年10月23日(日)、30日(日)06:00~06:50
放送スケジュール&ゲスト情報
みどころ
■茶の全てを知り尽くす、飲食ドキュメンタリー!

■1部 '茶の香り、体中に広がる'ではコーヒーの需要に押されながらも年間世界で50兆ウォン規模の巨大市場を形成している茶の世界を紹介。2部 '茶の香り、世界に広がる'では韓国茶の世界化のために必要なものが何かを探る。
コーナー紹介
■1部 '茶の香り、体中に広がる'
片手にはスマートフォン、片手にはスターバックスコーヒー。これが現代人の姿のイネメージだ。だが21世紀も世界3大飲料として茶の名声は健在だ。全世界の茶の生産量は356万トン、市場規模50兆ウォン。では人々が茶を再び飲み始めた理由は何か?
昔から仏家では‘禪茶一如’と言い座禅を組むことと茶を飲むことを同じに見ていた。茶を飲むことには1長寿、2無病、3気持ちをすっきりさせるなど6つの徳がある。そして仏家から受け継がれているこの6徳が現在の科学の力により1つずつ立証されている。その実態を探る!

■2部 '茶の香り、世界に広がる'
慶尚南道のある宗家。ここでは法事に酒を供えない。言葉通り茶禮であり茶を供えて礼を捧げる。韓国はすでに千年前から茶を楽しんできた国。だが茶の大国である東洋の3か国、日本、韓国、中国の中で相対的に‘韓国茶’の認知度は低い。このように長い歴史を持つにも関わらず韓国茶が未だに銘茶の域に入らないのは何故か?
悠久の歴史を誇る中国の茶はマーケティングポイントをつかみ世界市場に広め徹底した品質管理をしている。これに対し日本の茶市場は伝統と現代の調和を成し、新世代にも訴求力を持つ茶文化を作っている。韓国茶を銘茶とするためにはどのような準備が必要なのかを考える!

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます